熊野宏昭 (くまの ひろあき)

 

 1960年 石川県に生まれる。

 1979年 ラサール学園卒。

 1985年 東京大学医学部卒。

 1995年 東京大学博士(医学)取得。

 東京大学心療内科医員、東北大学大学院医学系研究科人間行動学分野助手、 東京大学大学院医学系研究科ストレス防御・心身医学(東京大学心療内科)助教授・准教授を経て、2009年4月から早稲田大学人間科学学術院教授、 同11月に新規設立された早稲田大学応用脳科学研究所所長に着任。 日本認知・行動療法学会理事長、日本不安障害学会理事、日本心身医学会評議員、他。

 

 マインドフルネスやアクセプタンスなどの技法を含む「新世代の認知・行動療法」について、特に医療場面で短期間で大きな効果を上げることを目指した研究を行っている。

 臨床面では、早稲田大学人間科学学術院心理相談室において相談及び相談補助員の指導に当たるとともに、赤坂クリニック綾瀬駅前診療所において、心理士と協力しながら、パニック障害、軽症うつ病、摂食障害、心身症などを対象に、薬物療法や面接治療に加え、認知・行動療法、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)、マインドフルネスなどの行動医学的技法を用いている。

 

 主な著書: 新世代の認知行動療法/日本評論社、マインドフルネスそしてACTへ/星和書店、 ストレスに負けない生活/ちくま新書(以上単著)、こころの臨床a・la・carte「ACT=ことばの力をスルリとかわす新次元の認知行動療法」/星和書店、パニック障害ハンドブック/医学書院、メディチーナ・今月の主題「内科臨床に役立つ心療内科的アプローチ」/医学書院、からだの科学・特別企画「リラクセーション」/日本評論社、クルズス心療内科/星和書店(以上編集)、他

 主な訳書(全て共訳):ACTをみる/星和書店、ACTをまなぶ/星和書店、ACTを実践する/星和書店、メタ認知療法/日本評論社、行動活性化療法/日本評論社、リラクセーション反応/星和書店、認知行動療法−臨床と研究の発展/金子書房、他



先頭のページへ戻る